marghu blog

art gallery's diary

*

リトポスター(Litho Poster) その②  3作品

      2017/02/22

スポンサーリンク

アーティストが展覧会を開催する際に、
作家自身がその展覧会の為だけに刷ったポスターを
オリジナルポスターといいます。

そのほとんどは、版画作品を作る時に
用いられる「リトグラフ」という技法を
使って刷られています。

リトグラフとは、1796年にドイツ人によって
偶然にも発見された技法で、
大理石の面に直接色を塗り、
水と油の反発作用を利用した版画の技法です。

しかし、当時数千枚印刷されたと思われる
そのポスターも、半世紀ほど経った今では、
その存在が徐々に希少なものとなりつつあります。

また、絵柄でけでなく文字までも
デザインされたリトグラフポスターは

ポスターと言ってしまうのには
もったいないぐらいの魅力から、
微かながら、アート・インテリア業界で
注目されてきました。

marghuでは、そんなオリジナルリトグラフポスターを
個人的観点ながらも集めることができました。

Litho Posterをいくつか紹介します。

 

ジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet)

20110904

ジャン・デュビュッフェ(¥38,000)

1960年12月から翌年の2月までParisのMUSEE DES ARTS DECORATIFS

(装飾美術館)で開催された本人の展覧会の告知用として

制作されたオリジナルリトグラフポスターです。

デュビュッフェは、家業のワイン商を継いでいたが、

40歳すぎてから画家に転向した。

従来の西洋美術のある洗練された技法や様式に価値を見出さず

子どもや、精神障害者などによる絵画を賛美し、自らも影響を

受けた。

そこにはART=綺麗なもの・高級なものという概念は無く

素朴さや、生活に密着した生の芸術があるのだと思う。

そんな作品をあなたのライフスタイルに取り入れてみませんか?

きっと、今までよりももっと穏やかな毎日を過ごせることでしょう。

 

問い合わせ

GALLERY MARGHU

久留米(0942) 31-0201

熊本(096)201-4680

gallery@marghu.jp

 

チリダ(Chillda)

chillida20110905

チリダ sold

スペインを代表する彫刻家の一人。鉄や石の塊を使った

野外彫刻で有名です。この作品はparisのギャラリーMaeghtで

展覧会をした時のものです。

chillida2

チリダの彫刻作品

「未知を前にしての驚異こそが、私の師であった。

私は風を見たことはないが、雲が流れるのは見ている。

時を見たことはないが、木の葉が散るのは見た」Chillida

 

問い合わせ

GALLERY MARGHU

久留米(0942) 31-0201

熊本(096)201-4680

gallery@marghu.jp

 

カルダー(Calder)

calder20110905

CALDER sold

1971年のに展覧会をしたときのポスターと思われます。

父、祖父ともに彫刻家という環境の中で育ち、自身も

彫刻家への道へと進みます。

彼の発表したモーター仕掛けの彫刻にマルセル・デュシャンが

「モビール」と名付けたことにより、後に風で動く彫刻を

モビールと総称するようになったそうです。

calder-photo

カルダーのモビール作品

チリダの彫刻は、鉄が錆びていく様と共に完成する作品。

時を超えて親しまれているカルダーのモビール。

 

問い合わせ

GALLERY MARGHU

久留米(0942) 31-0201

熊本(096)201-4680

gallery@marghu.jp

 

 

ブログ村ランキングに参加中!!
是非↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ

スポンサーリンク

 - Litho Poster, カルダー, ジャン・デュビュッフェ, チリダ